Staff

   
                        
         松 本 善 女 牧師         松 本 光 宣 牧師


松本慶浩長老髙橋悦子長老稲垣温子Coor

   松本 慶浩 長老      髙橋 悦子 長老       稲垣温子コーディネーター 


 

EVENT - コピー (2)

コイノニア会 2016年度 

     

 

松本 光宣 牧師   経歴

建設会社役員を経て、アメリカ及び日本の大学院で学ぶ。
京都外国語大学 外国語学部 英米語学科卒
神戸大学 経済学部卒
Gordon-Conwell Theological Seminary(MA in World Mission)で学ぶ。
神戸ルーテル神学校(MDiv.)修了
関西学院大学大学院 言語コミュニケーション文化研究科(MA)修了

毎週日曜日は、『聖書』から人生の様々な問題とその解決について語っている。

教会の歴史

1980年6月、現在の松本善女牧師がその当時学んでいた聖書学院の院長の勧めで、自宅を開放し家庭集会を開いたのが、コイノニア福音教会の始まりです。
月に一度、ともに喜びをもって神様を賛美し、みことばを聞き、食事をする温かく麗しい集いでした。

それはまさしく、聖書の使徒の働き2章46~47節、「そして毎日、心を一つにして宮に集まり、家でパンを裂き、喜びと真心をもって食事をともにし、神を賛美し、すべての民に好意を持たれた。
主も毎日救われる人々を仲間に加えてくださった。」という初代教会そのものだったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 私は誰なのか?

最初は6畳の部屋から始まった小さな集いでしたが、「私は誰なのか?、私は何のために生きているのか?」と人生の真の意味と目的を求める人々が回を重ねる毎に増加していったのです。
床の間や押入れを取り除き、広く改造しましたが、それでも廊下にまで人が溢れていました。

土地を探し始めた

その有様を見た松本善女牧師の夫は「環境が良く車を自由に駐車できる場所で広い土地を与えてください。」と祈りつつ土地を探し始めたのです。
「広い家で、より多くの人に福音を伝えたい」という祈りに神様は応えてくださり、兵庫県西宮市の山の手に緑に囲まれた広くて眺めの素晴しい土地が与えられ、22畳の部屋を備えた家が、1983年8月、完成したのです。

宣教師を毎月遣わしてくださった

神様はアメリカから東京に来られた宣教師を毎月、遣わしてくださいました。
益々、多くの人が集まるようになり、まもなくその部屋も、さらに広く改造しなくてはなりませんでした。聖霊の臨在の中で賛美が溢れ、交わりとみことばを通して、救いと癒しの御業が次々と起きたのです。

Koinonia Weekend

イエス・キリストのうちに一つとなったその集いに1989年8月神様は、超教派的な一般信徒運動プログラムを与えてくださいました。
(そしてその後、私たちの教会においては”Koinonia Weekend” と名付け現在も継続して開催されています。)

このプログラムに参加することによってイエス・キリストに現された神様の深い愛を具体的に体験し、主の弟子としてさらに多くの人に福音を伝えたいと熱く祈り願っていた、そこが私たちの宣教の拠点となったのです。
1980年に6人の婦人たちから始まった集いでしたが、壮年や若者たちも集まるようになり、次第にその働きが広がっていったのです。そして、賛美集会や、イエス・キリストを全く知らない若者たちのための2泊3日間の”Youth Weekend”が開催されるようになったのです。

西宮浜集会所

折しも、松本善女牧師の夫が、経営する会社の建築資材倉庫を西宮浜に新築することになりました。
その一部を提供して頂き、1990年9月より西宮浜集会所として集い始めました。その後神様は、それまで一般信徒として、福音宣教の働きをしてきた松本善女牧師を召し出され、教会を設立するように導かれたのです。
1992年9月20日、聖霊の臨在のなかで溢れる感動と喜びと感謝のうちに教会設立礼拝がささげられ、同年12月には教会として初めてバプテスマ式が行われました。

教会堂建築

教会設立当初から教会堂建築のヴィジョンが与えられ、土地物色のため東奔西走し、やっと適切な土地が見付かり、契約を終えて設計が進んでいた矢先、あの阪神淡路大震災が発生したのです。
そのために会堂建築計画は振り出しに戻りました。まさに、箴言19章21節、「人の心には多くの計画がある。しかし主のはかりごとだけが成る。」のみことばのように、その計画は神様のみ旨の時と場所ではなかったのです。

その後、教会員、一意専心の熱い祈りと献身によって、神の戸(ドア)が開かれるべく、私たちのために福音宣教の拠点として備えられていた現在の神戸市東灘区魚崎北町に会堂を建築し、1997年3月に献堂礼拝がささげられたのです。
1998年にはコイノニア福音教会東京が設立され、また九州チャペル、堺チャペルも開設されています。

2006年からはドイツに宣教師を送り、福音宣教の働きを進めています。神様は教会設立16周年を迎えた2008年9月に私たちの教会に宗教法人格の認証を与えてくださり感謝します。

ノンクリスチャンを対象に

2004年からはノンクリスチャンを対象に、Koinonia Course「キリスト教とは」を始めました。コースに参加したイエス・キリストを信じた人たちが、更に聖書勉強を通して神様の深く高い愛を知るようになりました。
マタイの福音書の18章18節~20節の大宣教命令に従って、多くの教会員が家庭を開放してスモールグループをし、周囲の方々に福音を伝えています。

マタイの福音書28章18節~20節
「イエスは近づいて来て、彼らにこう言われた。
『わたしには天においても、地においても、いっさいの権威が与えられています。それゆえ、あなたがたは行って、あらゆる国の人々を弟子としなさい。
そして、父、子、聖霊の御名によってバプテスマを授け、また、わたしがあなたがたに命じておいたすべてのことを守るように、彼らを教えなさい。見よ。わたしは、世の終わりまで、いつもあなたがたとともにいます。』」

目的声明文

 

大いなる戒めと、大いなる宣教命令への、大いなる献身が大いなる教会を生みだす。